MUP Week6: スキルをつけるためのスキルの要点まとめ | 【転職はしまくれ!】一部上場G最年少COOが教える収入を数倍にできた方法

シンプリッシュなオンラインスクールMUP

MUP Week6: スキルをつけるためのスキル

スキルを取得する前に、効率的なスキル取得方法を学ぶ必要がある。時間は全人類1秒も狂わずに平等。

しかし同じ時間の中でも多くのスキルを持つ人材と持てない人材が大きく分かれている。この「スキルをつけるためのスキル」の解説で多くのスキルを学ぶことが可能だが、それを取得する人と、学んで終わるだけの人に分かれる。ここでは「学んだことを取得する」までの方法を説明し、MUP全体のカリキュラム内容の取得準備をすることになる。

スキルを学ぶためにはスキルを学ぶためのスキルが必要。
どうすれば最短で、最効率でスキルを身に付けることができるのかを解説していく。

この記事で得られること:
MUP Week6の講義「スキルをつけるためのスキル」の要点がわかる。最短距離・最大効率でスキルを取得する方法について理解することができる。

結論:石の上に3年もいるな

結論は「石の上に3年もいるな」ということ。

今の時代は情報があふれているので、3ヶ月で大体のスキルを身につけることができる。
3年も下積みをする必要はない時代。

希少価値はアドワンスキルで数百倍に!

まず、私たちは「Week2:未来把握」でも解説したようにこれからの時代を生き抜いていくためにはスキルをつけていかなければならない。

でも例えば、あなたが美容師で「もっと髪の切り方がうまくならなければならない」とか、あなたが料理人で「もっと料理の質を上げていかないといけない」と思っていたとするとこれだけでは全く意味がない。これだとこの方向でスキルをつけたとしても全く逆の方向にいってしまう。

ではどうすればいいかというと、スキルをつけるにしもて、「自分自身の価値をあげるようなスキルのつけ方」をしなければ意味がない。

人も企業も価値のあるものにお金を払う。そのために価値を上げるためのスキルというのをお伝えしていく。

保育士は人材不足なのに給料が上がらない、一方インターの保育士は平均50万円/月

例えば、保育士がいい例。保育士は、市場ですごく人材不足なのに給料が上がらない。
それはなぜか?保育士の数が多く、市場価値がないから。

供給が少ないのに給料が上がらない。(普通の保育士は16万円とか非常に低い給料)
これはなぜだと思いますか?

これがなぜだかというと市場では「保育士の価値が多く、価値がないから」
実は保育士の免許を持っている人は120万人もいる。日本の人口の100人に1人は保育士の免許を持っているということで、すごい数持っている人がいる。
でも実際に保育士と働いている人は43万人しかいない。

一方、インターナショルスクールの保育園の先生は月収50万円ぐらいもらっている。

100 x 100の方程式

この違いは、業界以外のスキルがあるかどうかで決まってきている。

このインターナショナルスクールの先生は英語と中国語がしゃべることができる。
なので、高い報酬をもらう事ができている。

日本で保育士で英語ができる人が100人に1人、そして中国語ができる人が100人に1人のスキルだとすると、100×100で1万人に1人の人材になる。。

これ例はいい例で、保育士の業界の勉強しかしないままだと、自身の価値を上げることはできない。英語語と中国語を喋れると1万人に1人の価値になる。
100×100で1万人に1人の価値になった方が100人に1人の価値より1万倍価値が高いということだ。

つまり優秀な人というのは、自分の領域とは別の分野でのスキルを必ず持ち合わせているという事。

例えば、アップルのスティーブジョブスもエンジニアだったけれども、ピクサーでデザインを学んでいた。ジョブスは、そこで学んだデザインのスキルをアップルの製品に落とし込んで成功した。

こういう風に自分の違う領域でのスキルを学び続けるということの方が、実は自分の価値の向上に繋がる。

なので、日本の職人肌の「石の上に三年」という話は実は馬鹿げている。1つのスキルだけつけるのは全く間違っている。

例えば、竹花氏の場合は、Googleでマーケッターだったがこれだけだと弱いと思って、プログラミングを学んだ。その後、転職し新規事業開発、企画設計など経営をを学んだ。その次の転職ではリクルートで投資や買収を学んだ。そしてその経験を生かして起業した。

ということで、1つ1つ自分の領域とは違うスキルを追い求めていくことは実はめちゃめちゃいいこと。

自分は〇〇だと多くの人は思い込みがちだが、これからはそのように思い込まないでください。
自分は●●かもしれない」という思考がすごく大事。

あなたも自分の分野と違うところでのスキルをつけることを考えてみよう。

MUP Week6 スキル取得法の要点まとめ

  • スキル取得に何年もかけるな
  • 自分の市場価値を高めるためには、自分の専門領域とは別のスキルを磨くべき


 

次の講義「Week7: 伝えるスキル」のまとめはコチラ


MUP全カリキュラムのリストはコチラ(※随時更新中)