外部SEO対策 | 被リンクのやっていいこと・やってはいけないこと

シンプリッシュなSEO&MEO対策

外部SEO対策 | 被リンクのやっていいこと・やってはいけないこと

Google検索で「出口」と入力されると、「Yahoo Japan」が検索ランキング1位に表示される。

これがなぜか知っているだろうか?

出口とYahoo Japanは全く関連のないキーワードなのになぜかYahoo Japanが1位に表示されるのだ。

いきなりなんだと思うかもしれないが、この原因が今回の記事の主題になってくる。
(詳しい答えは記事最後で発表する。なぜそうなるのか想像してみて欲しい。)

これがなぜかというと、実は「被リンク」というものが関連している。

自分のサイトから他の媒体へ出ていくリンクは発リンク、逆に他の媒体から受けるリンクは被リンクという。

この被リンクというものが、実は検索ランキングに非常に影響する。

SEOの対策は3種類あり、コンテンツ対策、内部対策、外部対策がある。

SEOプロの間では、検索ランキングに与える影響度はコンテンツ要素が5割、内部要素が3割、外部要素が2割と言われている。

外部要素は2割の部分だが、それでも検索ランキングに与える要素には十分なりえる。今回はその外部SEO対策について紹介していく。

外部SEOとは?

では外部SEOとはどういうものかというと、これは完全に被リンクとなる。
この被リンクはサイトパワーと言ってもいいくらいだ。

外部SEO = 被リンク(サイトパワー)

例えば、イオンの近くにスーパーマーケットを立ち上げたとすると、無名のスーパーマーケットではなく、すでに実績のあるイオンに多くのお客は流れるだろう。

これと同じで、ウェブサイトごとに実は知名度というものがあり、それをGoogleは被リンクで評価している。

Googleは情報の信頼性自体は評価できない。だから、被リンクを用いて情報の信頼性の評価をしている。

なぜGoogleがこの被リンクを評価しているかというと、Googleが「被リンクがあるサイトは多くの人から参考にされているサイトだな」と評価するから。つまり多くの人に参考にされる専門性のあるサイトだと評価され検索ランキングに影響を与えるということだ。

被リンクの何が大事かというと以下の2つが大事。

①被リンク数
②被リンクの質

まず単純に被リンクの数が大事。そして、次に被リンクの質が大事になってくる。


被リンクの質を決める要因


情報の類似度

被リンクの質としては、情報の類似度が質を決める要因の1つになってくる。

例えば、あなたが車のサイトを運営していて、料理のサイトから被リンクを受けたとして、そのリンクに意味があるだろうか?

車と料理は全く情報の類似度はないので、この被リンクはあまり質は高くないといえるだろう。

ということから、被リンクを受けるにしてもしっかり情報の類似度の高いサイトから受けるのがベストだ。

例えば、あなたが車メディアを運営しているなら、車買取業者や車メーカーから被リンクを受けれるとそれは質の高い被リンクを受けれているといえる。


被リンクしてくれたサイトのパワー

被リンクしてくれたサイトがすごく被リンクを受けているサイトパワーの高いサイトであれば、すごくSEO効果は高くなる。

例えば、厚生労働省だったりとか日経新聞オンラインだとか、そういう権威性の高い媒体からあなたのサイトに被リンクが貼られたらそれはすごい被リンク効果になるだろう。

こういった形であなたのサイトに被リンクしてくれたサイトのパワーも被リンクの質を決める要因になってくる。


※注意:意図的な被リンク獲得施策はペナルティ

ただし、注意しなければいけないこともあり、意図的な被リンク獲得施策はペナルティの対象になる。

昔は自作自演で、メインサイト以外に被リンク用にサイトを10個ぐらい立ち上げメインサイトに被リンクを送るというような対策をしている人が多くいた。

昔はこれで検索ランキングの順位が上がるというような時代だったが、今はこのような対策は、Google側でペナルティの対象になっている。

ペナルティというのは検索ランキングがすごく下がってしまうというペナルティだ。自作自演で被リンクを貼るようなことはしないようにしよう。


検索アルゴリズムの変動

Googleの検索ランキングは検索アルゴリズムが決めているが、このアルゴリズムが変動することが、検索ランキングに与える影響が非常に大きいものになっている。


YMYL領域のサイトに権威性

例えば2018年にすごく大きなアルゴリズムの変動があって、検索ランキングに影響を与えることがあった。

それは「YMYL領域のサイトに権威性」と言われている。

YOUR MONEY, YOUR LIFEの頭文字を取ったのがYMYLだ。

つまり、お金や命に関わるようなコンテンツを発信するサイトに対しては、権威性で検索ランキングを決めるというようなアルゴリズムの変動があった。

冒頭で被リンクの外部SEO対策の占める割合は2割ぐらいと申し上げたが、このYMYLの領域に関しては実もっと占める割合は高くなってくる。

投資などのお金や医療など命に関わるコンテンツを発信するサイトは、この権威性、つまりいかに被リンクを受けるかで検索ランキングが決まってくる。


良質な被リンクを獲得するにはどうすればいいか?


①良質なコンテンツの制作=コンテンツSEO

ではどうすれば良質な被リンクを獲得できるかというと、まず重要になってくるのは、良質なコンテンツを制作することだ。

みんなの悩みを解決して、みんなの願望を叶えるような良質な記事、良質なコンテンツを制作すること。コンテンツSEOに関わるようなこの部分が、良質な被リンクを獲得するための外部SEO対策にも非常に有効になってくる。

やはり良質な記事というのは、みんなシェアしたくなる。


②SNSで拡散を行う

あとは、SNSで拡散を行うことも有効な手段だ。

SNSで拡散を行うことによって、いろいろな人にみてもらうことで、サイトへのアクセスを呼び込むことができる。

実はSNSで貼られたリンクは被リンクにはカウントされない。
しかし、いろいろな人にみてもらうことで、結果的に他のサイト媒体で被リンクを貼ってもらう機会を広げることができる。


③他サイト運営者に発リンクのメール

あとは営業みたいな形で、他サイト運営者に発リンクしてもらえないかメールするのも有効な方法だ。

例えば他サイト運営者に「あなたのサイトのこの部分が素晴らしかったので引用させてもらいました。」と言った感じでメールする。

そうすると相手からしてみたら悪い気はしないはず。そうすると相手といい関係が作れて被リンクを張り合ったりとかできるような関係になれたりする。

3つほど挙げたが、この中で最も効果的な良質な被リンクを獲得する方法は、「良質なコンテンツを制作すること」だというところは覚えておいてください。


なぜ「出口」で「Yahoo Japan」が1番に表示されるのか?の答え

なぜ「出口」で「Yahoo Japan」が1番に表示されるのかの答えをお伝えする。

実はこれはアダルトサイトが原因。アダルトサイトの認証画面で入口だとか出口だとかのボタンがあるが、ここで出口を押すと、Yahoo Japanに飛ぶようになっている。

つまりYahoo Japanは出口というアンカーテキストで多くの被リンクを受けていて、その外部SEO効果で出口で1番に表示されるという結果となっているのだ。

昔は被リンクだけで検索ランキングの上位にいけるという時代だったが、検索アルゴリズムのアップデートで今はそれが落ち着いてきた。

それでもこのようなYahoo Japanの事例もあるわけで、被リンクの影響というのは今でもあるという状況だ。

しっかり被リンクの対策をしていってもらえばと思う。


SEO関連情報

SEOの仕組みを基礎から解説


コンテンツ対策として非常に大事なコンテンツ競合調査についてコチラの記事で解説

 

内部対策についてはコチラの記事で解説