賃貸の退去費用をぼったくられない方法

シンプリッシュな節約術

賃貸では、退去時に賃借人の無知につけこんだぼったっくりの退去費用を請求されるケースが横行しています。

通常、明らかに自分の過失で部屋を痛めてしまったような場合を除き、ワンルームの退去費用の相場は5万円くらい。これよりも高いというのは明らかにボラれている可能性が高いです。

悪意のある管理会社や立ち会い業者にあたってしまうと退去者の無知につけ込んで、本来支払う義務のないお退去費用を上乗せしてきます。

これを防ぐためには自分が支払うべき退去費用は何で、何に支払う必要がないのか知っておくことが重要です。

これから解説する支払うべき退去費用、支払わなくていい退去費用、そして同じく記事後半で解説する退去時の交渉のポイントを理解すれば、大幅に退去費をカットすることができるでしょう。

賃貸の退去費用をぼったくられない方法


負担すべき費用と、そうでない費用を知り無駄なお金を支払わないためには「原状回復義務」を理解しておく必要があります。

原状回復とは、
普通に生活していれば発生してしまう痛みや汚れ「以外で」物件に与えてしまったダメージを復旧すること

賃借人はこの原状回復を満たす義務はあります。よく勘違いされていますが、賃借人は「借りた状態に戻す」必要はありません。

つまり賃借人は通常の生活で発生する痛みや汚れは負担する必要はありません。例えば、経年劣化による壁紙の黄ばみ、畳の日焼け、家具設置によるフローリングの痛み等は負担する必要がありません。これらは通常の生活で発生する痛みや汚れになります。

    【賃借人が負担しなくていい損耗】通常の生活で発生する痛みや汚れ
    ・経年劣化による壁紙の黄ばみ
    ・畳の日焼け
    ・家具設置によるフローリングの痛み
    など



一方、賃借人は自分の過失で発生した痛みや汚れは負担する必要があります。例えば、子供の落書き、タバコのヤニ汚れや焦げ跡、モノをぶつけた破損などは負担する必要あります。これらは自分の過失で発生した痛みや汚れになるからです。

    【賃借人が負担すべき損耗】自分の過失で発生した痛みや汚れ
    ・子供の落書き
    ・タバコのヤニ汚れや焦げ跡
    ・モノをぶつけた破損
    など


原状回復でぼったくりを回避するポイント

原状回復費用でぼったくられないためのポイントは次の2つになります。

①経年劣化は負担しなくてOK
②こちらの過失であったとしても新品価格は負担しなくてOK



①経年劣化は負担しなくてOK
日常の生活ですり減ったり汚れたりした分に関する負担はしなくてOKです。

例えば冷蔵庫をおいて床が凹んでいたり、クロスが日焼けしたり、畳が擦り減ったり、時計等をかけるために開けた小さな穴などは負担しなくていいです。



②こちらの過失であったとしても新品価格は負担しなくてOK
負担割合は経過年数で決まってきます。経過年数が経つほど賃借人の負担割合は減っていきます。

例えば、クロスの場合、新品でも6年で価値がゼロになると決まっています。もし6年以上すんでクロスの張り替えを請求されるようなことがあった場合それはボッタクリになります。

6年住んでクロスに傷をつけてしまったとしても、それは価値のないものを傷つけただけなので負担する必要はありません。

一方3年住んで傷をつけた場合でも新品価格の半額を負担するだけでOKです。


退去時の交渉を有利にするためのポイント

退去時の交渉を有利にすすめるためには、4つのポイントがあります。

  • ポイント①:部屋の状態を写真、動画で記録に残す
  • ポイント②:解約通知書は自分で用意
  • ポイント③:退去のやり取りはメール・録音で記録に残す(重要)
  • ポイント④:解約精算書は合意できるまでサインや支払いをしないこと(重要)

1つづ解説していきます。

ポイント①:部屋の状態を写真、動画で記録に残す

物件の明け渡す前に必ず、部屋の状態を写真や動画で詳細に撮影しておきましょう。不当な請求をされたときのために念のため必ず撮影しておきましょう。

ポイント②:解約通知書は自分で用意

解約通知書は管理会社が用意したものは使わずに、自分で用意したものを使用しましょう。管理会社が用意している解約通知書は、こちらに不利な条件が記載されていることが多いです。

例えば、「退去にかかる費用にすべて同意し、必ず支払うこと」というようなことが記載されています。そのためできるかぎり自分で用意したフォーマットで送ることが大切です。

加えて、あとから受け取っていないと言われないように配達証明で送るとベターです。

ポイント③:退去のやり取りはメール・録音で記録に残す(重要)

後から揉めないように業者との交渉・やり取りはすべてメールや録音で記録に残すことが重要です。記録に残せば業者もいい加減なことは言いにくくなります。

もし電話で口頭のやり取りをする場合は録音することを忘れないでください。やり取りを残しておくと、専門家に相談する際も役に立ちます。


ポイント④:解約精算書は合意できるまでサインや支払いをしないこと(重要)

請求金額に同意できるまでは書類には絶対にサインしないようにしましょう。サインしなくても解約通知と鍵を引き渡せば退去は完了します。

もし「サインしないと退去が完了しない」「清掃費などの特約に記載されている費用は先払い必要」「払わないと解約できないので来月も家賃が発生する」等と言われたとしても合意していない請求を一切支払う必要はありません。

ここで大事なのは同意できていない場合、その場で簡単にサインしないことです。もしサインしてしまっていると同意したということこになってしまうので、もう交渉することはほぼ無理になってしまいます。

必ず内容が妥当で同意できてからサインするようにして下さい。同意できない場合は、「専門家に相談してから返答する」と言い放ち持ち帰ってしまって問題ありません。


追伸

私は今まで何度か引越しをしたことがありますが、一度だけ悪質な業者に退去費用をぼったくられたことあります。通常3,4万でも十分だったものが、15万円ぐらいぼったくられました。これは当時私が無知だったということもあります。

しかし、原状回復について理解して、これらポイントを実践してからは以後業者にボッタクリに合うことはなくなりました。特に「その場で解約精算書にサインをしないこと」と「やり取りを記録に残すこと」が最重要になりますのでここは最低限実践するようにしてみてください。

おさらい:退去費用を下げるポイント
①退去前に「原状回復」の定義を知っておく
②退去に関するやりとり、部屋の状態の写真・動画の記録は残しておく
③解約の精算書は納得するまでサインしないこと