MUP Week9: ロジカルデータスキル (前編)の要点まとめ | 【論理的思考スキル】1週間で経営者脳になる最強トレーニング!

シンプリッシュなオンラインスクールMUP

MUP Week9: ロジカルデータスキル(論理的思考スキル)-前編

論理的思考スキル、俗にいうロジカルシンキングはビジネスにおいてすごく重要。

他にどんなにスキルがあったとしても、掛け算の法則でこの論理的思考スキルがなければ100×0で0点になってしまう。このスキルがないとビジネスの世界では生きていけない。

今回はどうすれば論理的思考スキルを身につけれるかというところを解説していく。次回は、どうやってビジネスを設計していくかというところを解説する。これらのパートだけで実際に企画書をかけるぐらいにはなるのでしっかり学習・実践していって欲しい。

結論:掛け算の法則で、スキルがあっても倫理思考スキルがなければ無意味。

フレームワークに落とし込む

ラーメン屋の売上と利益の例

まず以下の条件のラーメン屋のラーメンいっぱいの売上は大体どれぐらいか考えてみて欲しい。

  • 座席数:13席
  • 場所:浜松町駅付近
  • 従業員数:3
  • ラーメン価格:650円
  • まず最初に言っておくと、これだけの情報でいくらかというのはわかるわけはない。

    しかし、答えの正解・不正解ではなく考え方の正解・不正解を見る思考力が大事
    この思考力のことをフェルミ推定という。なぜそういう答えにいくついたのかというロジックが大事。
    このロジックの正解か不正解かというところが重要。
     
    例えば、まずはラーメン屋の売上に関する要素っていうのをまず書き出してみる。これを毎回レストランとかそこらへんのカフェに行った時でも、このレストランと飲食店の売上を計算しちゃうこと。

    料理を待ってる間にゲームをしてるんじゃなくてこれをしっかりやってみると、この癖がつくと絶対に成功する。

    普段からフレームワークを持って計算してみてください。
    そうすると、すごくフェルミ推定の力がつく。

    まず答えの正解不正解じゃないので数字は入れないがグラフの、書き方、つまりこの売上がいくらなのか利益がいくらなのかっていうグラフの書き方っていうのは必要になってくる。

    ロジカルシンキングというのはまず要素分解していけばいい。

    ラーメン屋の場合、まず平日と週末で売上は違うので分ける。次にランチと夜で分ける。
    その次に回転数、来店数、客単価、売上、営業日、原価、コスト、全経費、利益に分けていく。

    こうすれば考え方は正解ではないかと言える。

    このフレームワークさえ作ってしまえば、あとは実際に数字を入れてしまえば正解が見える。

    顧客視点を論理的に証明、追求する事がビジネスでは最重要」となる。

    顧客の視点っていうのを論理的に証明とか追求する事っていうのがビジネスではすごく重要。ビジネスというのは根拠を持って論理的に証明していく事で成功できる。

    MUP Week9 ロジカルデータスキルの要点まとめ

    • 掛け算の法則で、他にどんなスキルがあっても倫理思考スキルがなければ無意味となってしまう。倫理的思考スキルはビジネスで最重要なスキル。
    • 答えの正解・不正解ではなく考え方の正解・不正解を見る思考力(答えにいくつためのロジック)が大事。
    • ロジカルシンキングは要素分けしてフレームワークを作ること。作ってしまえば実際に数字を入れるだけ。
    • 顧客視点を論理的に証明、追求する事がビジネスでは最重要。

    ウサギさんクラスでは、倫理的思考スキルについてさらに踏み込んで、人々が論理的思考できない理由と捨てるべき思考について解説がされている。

     

       

    次の講義「Week10:ロジカルデータスキル後編」のまとめはコチラ


    MUP全カリキュラムのリストはコチラ(※随時更新中)