MUP Week27: 資産運用スキル – 事業投資:店舗系オーナー必見!失敗しない起業のコツ まとめ

MUP Week27: 資産運用スキル – 事業投資:店舗系オーナー必見!失敗しない起業のコツ まとめ

事業投資に関しては、今まで解説してきた自己投資、人脈投資と比べ特殊なところがあり経営センスが必要とされる。

その経営センスの部分を解説していく。

経済投資しても元金がないと手数料で負けて意味がない。

事業投資での大きなインカムがある上で、投資していくのが一番最強。

事業投資もやりやすいものから確実にやるのが大事。

何が地に足をつけてやりやすいかというと、それはやはり店舗事業になる。

TIM, RIM, KIM

TIMをやっていくのは結構だが、MUPではKIM,RIMを身につけることをやっていく。

時間体系で収入に限りのあるTIMよりも結果をお金に変えていくという働き方を身につけて欲しいから。

RIM以上になると稼ぎは無限大。今回はTIMからRIMに変えていこうという内容。

TIMは時間をお金に変える働き方で、時給や工数での報酬になる。

RIMは結果をお金に変える働き方で、インセンティブや成果報酬になる。

優秀な人はRIMの方がTIMよりお金が貯まりやすくなる。

KIMは知識をお金に変えていくステージで、投資をしてお金を得ていく。

RIM, KIMのような話を聞くと、「そんな頭よくない」、「稼げないでしょ」、「もう歳だから」というようなことを思うかもしれないがそんなことはない。

①頭良くない=全員同じ

みんなスタートラインは同じ。

何かを始めるときは、みんな何も知らない状態からスタートしている。

なのに頭悪いと終わらしてしまったら何も始まらない。

②稼げない=稼がなくていい

稼げないというが、稼がなくてもいい。この点はあとで解説する。

③歳だから=率は変わらない

歳だからといって例えば投資のリターンが変わることはない。年齢は関係ない。

この3つはしっかり理解して事業投資に取り組んで欲しい。

ハイボール唐揚げのお店の例

ここからは、竹花氏が立ち上げたハイボール唐揚げのお店を例に店舗事業をどのような立ち上げたのかを参考事例として解説していく。

このハイボール唐揚げ店の立ち上げて1年くらいで初期投資、実績は以下の通り。

初期投資(累計コスト): 521万円
累計利益: 116万円
過去6ヶ月平均利益: 11万円
損益分岐点: 3.3年
全体ROI期間:4.1年

コンセプト

・コンセプトは●●専門店、○のお店など区切ること

専門性がないと、特徴がないため人はこない。必ず何のお店かわかるようなコンセプトにすること。

・イメージは視覚的に分かりやすくすること

(例:ロゴでどんなお店か視覚的に分かりやすくする)

立地

・チェーン店のある場所から50m以内の物件

チェーン店は立地を決めるのにものすごくリサーチして決めている。

自分で調べるととんでもない時間がかかるが、チェーン店の近くにするという前提でリサーチならそれほど時間はかけずにすむ。

・UBERや楽天デリバリーなどで稼げる商圏

UBERや楽天デリバリーなどで稼げる商圏で運営すれば、さらに売り上げ機会を上げることができる。

物件

・完全居抜き物件が絶対条件

スケルトンで借りるととんでもなく費用がかかる。

コストを抑えるため居抜き物件であることは必須。

・過去売上情報は完全無視(完全嘘)

過去の売上情報は嘘であることがいい。信じてはダメ。

自分で必ず調べること。

・カウンター有りは絶対条件

カウンターありだと1人でも入りやすくなる。

1人入ると、噂をしてくれて他の人も連れてきてくれやすくなる。
店舗事業にカウンター席を準備するのは必須。

このカウンター席は対面であることも重要。それによりお客と仲良くなることもできる。

・座席20席以内の1人運用が条件

日本の場合は20席以内で1人運用できるようにすること。

契約

店舗契約事前告知期間は半年以内物件
ほとんどの不動産は大体半年前の事前告知が必要。悪徳なところは1年前ということもある。

ここが長いと負債になり得る。半年以内の物件を狙うこと。

オーナー契約で25万円を6ヶ月保証

利益の30%, 投資回収後は50%配分
投資回収するまではオーナーの利益を少なくしてあげる。

価格

セット販売価格の設定

多くの人はセットを頼むので、必ずセットメニューと、その販売価格を設定することが大事。

個数で設定できるメニュー

個数を設定できるメニューにすること。例えば5個からではなく、1個から設定できるようにする。

サブスクモデルを必ず準備

ハイボール唐揚げのお店では1万円で飲み放題というサブスクモデルをやっている。実際そのサブスクに入っているお客は料理も頼むので何だかんだで採算は十分取れる。

このお客が友達をよんでその友達もサブスクに入るということもある。

サブスクモデルは今後店舗事業でも今後重要になる。お客の囲い込みにもなる。

相場より20%を高くするメニュー

価格を下げれば下げるほど事業は苦しくなる。

価格競争の負のスパイラルにならないよう相場より20%高くできるメニューを準備すること。

メニュー

メニューには必ず辛いものを用意

居酒屋等の場合は必ず辛いものを準備すること。

なぜかというと、お客がお酒を多く頼んでくれるから。

お酒が飲食業では大きな利益となるので辛いものをメニューに入れておくことは重要。

味付けは基本塩っけの多いものを準備→ドリンクで儲けるため

これも辛いものと同じでドリンクで儲けるため。

同一材料メニューの開発(原価率下げ)

例えば唐揚げのお店なら、鶏肉を使った唐揚げ以外のメニューを作る。

このように同一材料のメニューにすると原価率を下げることができる。

ただし、油っぽくないメニューのとりポンとか飽きられないようなメニューを開発していくこと。

材料が増えていくと、原価率はどんどん悪くなるが、材料を絞ることで原価率を抑えることができる。
(竹花氏の唐揚げのお店は原価率は24%でこの業界では合格中の合格の数字となっている。)

認知

ランチに生ビールを強制提供 → サラリーマンに口コミ拡散

唐揚げの店はサラリーマンの多い地域であったため、ランチに生ビールを強制提供した。このように話題になるようなことをやって口コミを広げた。

新規を広める意味では口コミが一番重要。

認知を広めるためには如何に口コミされるかということ。口コミされるような施策を打つこと。

ウサギさんクラスでは, 店舗事業でリピートさせるための施策、エステサロンの例と如何に運用していくべきかという点、投資で一番重要なあることについて解説されている。

Youtube動画(無料部分のみ)

 

次のWeekly動画「Week28: 資産運用スキル – 経済投資:証券会社の闇徹底解説」のまとめはコチラ

 

MUP全カリキュラムのリストはコチラ(※随時更新中)

この記事の著者

Mr. S @ CLUB発起人

IT, ツール、サービス、マインドセット、健康術を徹底活用・効率化し、シンプルに生きる。そしてクールなものに囲まれスタイリッシュなライフスタイルで優越感に浸る♪

Simplish CLUB【シンプッリュクラブ】は、シンプルかつスタイリッシュなもの、ライフスタイル、マインドセットを追求していくCLUBである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る