MUP Week5: マインドセットの要点まとめ | 【起業したい人必見】キャッシュもなしに誰かを幸せにしたいは100%無理!

シンプリッシュなオンラインスクールMUP

MUP Week5: マインドセットの要点まとめ

ビジネス、起業で成功したい場合、まずこの段階でどのようなマインドセットが必要かを理解していないといけない。

今回はその内容について解説していく。

この記事で得られること:
MUP Week5の講義:マインドセットの要点がわかる。
    結論:誰かを幸せにしたいはうわべのやつの言葉

人々を幸せにしたいは捨てろ。まずはキャッシュをとにかく生み出せ。

色々な交流会で人と会うとよく聞く言葉として「人を幸せにしたい」や「社会貢献をしたい」等と聞く。
しかし、まずビジネスの初期段階ではそんな考えは捨てるようにしよう。

ビジネスで成功したいなら、誰かを幸せにしたいというマインドセットではなく、まずは「とにかくキャッシュを生み出す」というマインドセットがすごく大事。

元ZOZOの前澤氏も、ホリエモンも最初は儲けファーストだった。

将来的には、人を幸せにしたい、社会貢献をしたいというような考えは持ってもいい。
しかし、最初の段階ではそんなこと考える暇はないよということ。

稼ぎのステージ

ここでどのステージから社会貢献を考え出せるレベルになれるか理解するため、稼ぎのステージについて解説する。

稼ぐ層(働き方の種類)にはTIM, RIM, KIMの3種類がある。

それぞれの働き方の種類により、稼げる規模も変わってくる。

・TIM(Time Is Money)層:サラリーマン、アルバイト
TIMとは、時間で拘束される働き方。働いた時間に対してお金をもらえる働き方。例えばサラリーマンだと、通勤時間等移動時間に対してはもらえない。アルバイトは働いた時間に対してお金がもらえる。
・RIM(Results Is Money)層:インセンティブのあるサラリーマン、副業をやるサラリーマン、フリーランス、経営者
RIMとは、給料に加えて、結果に対して報酬が支払われる仕組みで実力のある人にとってはTIMよりいい。
経営者になると労働時間に対して、より所得は増える。フリーランスになると結果次第で、完全に報酬という形に変わる。経営者になると、労働者を雇い他人の力を借りて会社を伸ばすので自分んの働いた時間よりも収入が伸びる。
・KIM(Knowledge Is MOney):資産家、投資家
KIMとは資産家・投資家で自分のお金を他人に預けて自分が働く時間を大きく減らし、大きな所得をえる。

多くの人は、TIM層、RIM層の稼げていないステージで人々をもっと幸せにしたい、社会貢献したいと思ってしまっている。しかし、お金がない状態では現実的には到底できない。

TIM層・RIM層のフリーランスあたりまでは人々を幸せにしたいというのは現実的に難しく理にかなっていない。

まずは地道に目の前のことをしっかりやり稼げるようにならなければならない。
経営者、資産家になったときにようやく社会貢献できる時間ができる。

MUP Week5 マインドセットの要点まとめ

  • 社会貢献する前にまずはキャッシュを生み出すこと
  • TIM層・RIM層のフリーランスあたりまでは人々を幸せにしたいというのは現実的に難しく理にかなっていない
  • 社会貢献するのは、経営者、資産家になってから

YouTube動画(無料部分のみ)


 

次の講義「Week6: スキルをつけるためのスキル」のまとめはコチラ


全カリキュラムのリストはコチラ(※随時更新中)