沢山あるMacの中から最適なMacを選ぼう【最新2018年版】

沢山あるMacの中から最適なMacを選ぼう

現在のMacのバリエーションは、 MacBook Air、Macbook、MacBook Pro、 Mac Mini、iMac、Mac Pro の6種類。 Macをまだ持っていないころ、Macは買おうと思っていたが、種類が多くてどれが良いのかよくわからなかった。

でも今は様々使ってみてわかるようになった。今回はシンプリッシュクラブ独自の観点でそれぞれの最新機種をご紹介する。  

 


▼SIMPLISH CLUBのおすすめ機種  – 
MacBook PRO 

まずはシンプリッシュクラブとして最大のおすすめ機種から。それは新型MacBook Proだ!この新型Macbookbook Proは、2016年に発売されたモデル。今まではMac Book Air, Macbookを推奨してきたが2018年はMacbook Proが最も気に入っている。2018年7月にアップデートされて、見た目はかわっていないもののCPUがさらに強化されまさにプロ向けにも対応できる仕様となっている。

Mac Book Proにも関わらずかなり薄く小型になり持ち運びもしやすい。さらに当然のことながらスペックも申し分なしいということで総合的な満足度が高いシリーズになった。

ちなみに昔のマックブックプロだったら、厚みがあり重く、デザイナーや専門用途向けの機種といった感じだった。持ち歩くにはデカいしAIRの方がスタイリッシュだからシンプリッシュクラブ的にはPROはないなと勝手に無視していた。

昔のPROで残念だと思っていたのがRETINA 薄型モデルは15インチしかなかったこと。やや大きく持ち運びをよくするノマドなシンプリッシュクラブとしてはとっては合わなかったのだ。

デカくて性能がいいのは当たり前。薄いボディでなければ意味がない。しかしRetina ディスプレイかつ薄型のモデルが発売されて以後、奇麗なRetinaディスプレイに薄いボディ!かなりの進化を遂げているといっていいだろう。

2018年モデルから13inch版も15inch版もタッチバーの搭載がマストとなった。
MacBook ProはノートPCの中で機能、見た目共に現時点では最高峰と言えるノートPCと言えるだろう。欠点はやはり値段がそれ相応に高いことだろうか。
余談だがアップル製品全般に言えるが高くてもいいものが欲しい人におすすめだと思う。(安くてそれなりでもいいならWindows PCの方がいいと思う。)


MacBook Airよりも若干大きくなってもいいから、性能と画質をより求める場合、最新のMACBOOK PROこちらが最適だ。

(参考)MacBook  Pro詳細  

 

▼MacBook 

Macbookは、MacBook ProとMacBook Airの中間に位置する存在で2015年〜新しくMac(マック) seriesのラインナップに加えられたシリーズ。

macbook gold
他の2つのラップトップ型のシリーズ(Macbook Air, Macbook Pro)に比べると、コストの割には性能はイマイチなのだけれども、Retinaディスプレイ搭載しており、感圧タッチ搭載のトラックパッド、そして何よりもシリーズ内で最も軽く、最も薄い。

 

 

薄くて奇麗なスタイリッシュボディに加え、フラッシュストレージと最新のプロセッサの導入により、操作時の体感速度が十分早いのが決め手だ。

一見MacBookの性能は薄さゆえ貧弱そうに見えるし、他シリーズとスペック上の性能を比較するとどうしても見劣りしてしまうのだが、プロ並みに映像や動画編集をしたり、マルチタスクでアプリを使わなければ、快適だといえるだろう。文字入力作業やネットサーフィンなどの使い方がメインの方にとっては問題ないレベル。

カラーも選べ、より洗練されたデザイン。持つだけで満足感が得られるシンプリッシュアイテムだ。

(参考)MacBook詳細

 

▼自宅・ノマド両用ならMacbook Air!


2015年までは、こちらがSIMPLISH CLUBで最もオススメの機種だった。MACBOOKよりは、軽さ、薄さは負けるものの、性能面はこちらが上。MacBookよりも安いのでコストパフォーマンスは高いといえるだろう。

MacBook Airは発売した当初は衝撃のデザインだったが、大きなリニューアルされず放置されてきた機種で今となっては古さすら感じてしまう機種。しかし、2018年11月ようやく大きなリニューアルが行われた。RetinaディスプレイにTouch IDもようやく搭載された。一方値段はそれ相応に上がっており、マックシリーズの中でコスパが高かったMacBook Airだが、最新機種ではお得感は無くなった感じがしてしまうのは致し方ないところか。

MacBook Airの13インチは家でも使いやすいディスプレイの大きさ。自宅、外の両方で頻繁に使いたいという方はMacBook Airが最適かもしれない。最新機種はバッテリーの持ちはさらによくなってきている。動画編集とか重たい作業が必要でない場合はMacBook Airの性能でも問題ないだろう。

MacBook Airが登場した当初はまさにAirというのにふさわしい薄さだったが(他PCと比較して)、今では世の中のノートPCでも薄いものが登場してきて、正直そこまでの衝撃はないかもしれない。名前こそAirがつくが、見た目や重量に関してはMacbookとMacbook Proの中間に位置付けされており、特別「Air」と言われるほどの薄さはないというのが正直なところ。

Macbook Airで1点不足すると思うところはメモリが標準の8GBまでにしかできずアップグレードできないことだったが2018年11月発売のモデルからアップルストアで購入の場合、16GBメモリにカスタマイズできるようになった。複数で最新ソフトを多く使う場合はMacbook Proにして16GBまで増強した方がいいだろう。

ちなみにまだ旧タイプのMacBook Airもアップルストアで購入することができる。性能を求めなければ引き続き使える機種ではある。

mac bookair 2014


(参考)MacBook Air詳細
 


▼自宅ならiMAC

 

iMac 2014ちなみに2台目は画面が大きいiMacがオススメだ。Macは連携も良いので、自宅iMac, 外出時はMAC BOOK AIRまたはMAC BOOK PROにするとノマドな仕事をしたい場合とてもはかどりるはかどる。自宅やオフィスのみ、業務用での使用という方は1台目でもいいと思う。

新型はより薄型なデザインになりよりスタイリッシュになることに加え、4K, 5Kモデルも登場し、ますます充実してきている。

(参考)iMAC詳細

 

 

 

 

▼ Mac mini

Mac miniはややパワー不足だったが2018年11月に大幅なリニューアルがあり性能が上がったことでかなり使える機種になった。色もスペースグレイとなりクールな外観となっている。すでにPCモニターを持っている場合はiMacじゃなくて Mac miniにするのもありかもしれない。

▼Mac PROはまさにプロ仕様

Mac ProMac Proはその名の通り、まさに性能にこだわったプロ用だ。見た目がゴミ箱のようだと話題になった。 デザイン的には黒いゴミ箱のようで、このようなデザインのパソコンは見たことがない。

通常のPCとくらべると、かなり特徴的なデザイン。しかし性能は申し分がないほど抜群だ。値段もその分高く、新品で約30万円〜なり。試しにフルカスタマイズで見積もりしてみたら約80万円だった。。 まさにProのための機種といえるだろう。デザインや動画をプロの仕事としてやっている方は導入すると間違いなく効率は上がるだろう。ただ2019年にアップグレード版が出ると言われているのでそこまでまった方がいいかもしれない。

(参考) Mac Pro詳細  

【あとがき】

シンプリッシュクラブの結論としては、使用用途にはよるが、やはり購入するなら1台目は新型MacBook Pro, Macbook, MacBook Airのどれか、自宅用に大きなディスプレイのものが欲しければiMacがオススメだ!

(参考)お得にMacを購入する方法
(参考)沢山あるMacの中から最適なMacを選ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

Mr. S @ CLUB発起人

IT, ツール、サービス、マインドセット、健康術を徹底活用・効率化し、シンプルに生きる。そしてクールなものに囲まれスタイリッシュなライフスタイルで優越感に浸る♪

Simplish CLUB【シンプッリュクラブ】は、シンプルかつスタイリッシュなもの、ライフスタイル、マインドセットを追求していくCLUBである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る