Macの設計思想① マニュアルがない理由

Macの設計思想 その①マニュアルがない理由

「Macにマニュアルなんていらない」

Macがなぜ最強のシンプル&スタイリッシュな道具といえるのかその理由は設計思想からも感じることができる。MacやApple製品を買ってみると何かがないことに気付きませんかないだろうか?普通は分厚い何かがついているはず。。そうそうそれは、分厚いマニュアルだ!

何故Apple製品にはマニュアルがついていないのか?それはアップルが「説明書がなくても誰でも使用できる」ということをコンセプトに設計しているから。

つまり説明書を読まずして感覚的に直感的に操作ができてしまうということ。基本的な操作に関してはiPhoneにしても、Macにしても初心者でも感覚的に操作できるようになっている。

トラックパッドをつかったスクロールなど最たるものだし、Mac自体の操作や設定方法もWindowsのように複雑な構成にはなっていない。様々なところでシンプルさに徹底的にこだわっているのだ。

Windowsと比べると、MACはプログラムレベルで洗練されていて美しいのだ。それゆえ動作もスムーズで構成にもムダが少ない。シンプルさにこだわりユーザビリティを意識されていることを感じることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

Mr. S @ CLUB発起人

IT, ツール、サービス、マインドセットを徹底活用・効率化し、シンプルに生きる。そしてクールなものに囲まれスタイリッシュなライフスタイルで優越感に浸る♪

Simplish CLUB【シンプッリュクラブ】は、シンプルかつスタイリッシュなもの、ライフスタイル、マインドセットを追求していくCLUBである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る