iPhone5S/5用 最強液晶保護ガラス~タッチパネル PROTECT GLASS~

iPhoneの液晶を割ってしまった僕。iPhoneケースだけでなく、液晶面を保護できる製品を探していたところ、カンブリア宮殿での紹介を見て最強の液晶ガラス「Protect Glass」を即注文してしまった。

▼iPhone5S/5用 最強液晶保護ガラス~PROTECT GLASS~

Protect Grass

早速届いた!しかしパッケージは結構地味!

全ての労力は技術に集約させている職人が作った製品のようで逆に好感度アップだ。

さて、通常iPhoneの液晶保護のためには液晶フィルムを使用している人が多いように思う。

しかしながら、液晶フィルムだと、あまり意味がなく衝撃が強い落下だとフィルムを装着していようが多少軽減する程度で液晶は割れてしまうのです。

せっかくiPhoneを使っているのに、最も大事な液晶を割ってしまっては全然スタイリッシュではありません。

この最強液晶保護ガラス「タッチパネル PROTECT GLASS」を装着すればちょっとくらいの落下でも守ってくれる。

本当にそんなに丈夫なのか?と不安だったものの、まだ使い始めたばかりだが、ポケットに車のカギなどと一緒に入れておいても、全くキズ1つ付かない。

また今まで割といいフィルムタイプのものを使用してきたが、この液晶ガラスの質感、感度は段違いに良い。見た目も光沢感あり他のものより素晴らしい。

貼りやすさもとてもいい。気泡もできず1回ですっきり綺麗に貼ることができた。フィルムよりも簡単で気泡もでない。同梱の「貼り付けアドバイス」が、とても気配りがきいいていて、さすが安心の純国内製だとうなってしまった。

他社と比べると、それなりの値段(約2,500円)だが、質がいいので納得だ。

購入してみて使用してみてわかった嬉しい誤算だったが、プロテクトグラスなしの状態よりもむしろ装着した方が、質感・光沢・見た目が良くなってしまう。また指紋もつきにくくなり、常に奇麗な状態を維持しやすい。

 

プロテクトグラス

 

iPhoneは素晴らしいデバイスだが、唯一の欠点は液晶が簡単に割れてしまうこと。

街でも良く割れてしまっているiPhoneを見かけるし、液晶修理店が至る所にあることからもそれは明白な事実といえるだろう。

今までiPhoneの液晶を2度も割ってしまったことがある自分としてまずお勧めすることは、

外装ケースなどよりもまずは、液晶保護ガラスを優先して揃えること」だ。

最新機種で割ってしまうと液晶修理店などで修理すると最低1万円以上〜はかかってしまうし、

ソフトバンクなどで安心保証パックに入っても月額500円+10%の修理代がかかってしまう。

ちなみに自分は少し液晶が割れただけだが、しばらく放置していたら全く液晶が反応しなくなってしまったことがある。(割れたからといって修理費をケチり放っておくと僕のようになってまうので避けましょうね。。)

万一のことを考えると、質感、機能、保護性能共に最高クラスの保護ガラスタッチパネル PROTECT GLASS(プロテクトグラス)がリーズナブルな選択だと思うがいかがだろうか。

 

▼追伸
様々リサーチ、購入して使用して見た結果、シンプリッシュクラブとしては、iPhoneにこのプロテクトグラスを装着しない手はないというのが結論です。なぜなら他の製品に比べ、衝撃にとても弱い液晶をより強固に守ってくれ、かつ見た目もとてもシンプルかつスタイリッシュだから。

いつかは割れるかもしれないという不安と共にiPhoneを持たなければならないのはもうやめましょう。

今まで2回も割ってしまった僕としては、液晶ガラスはiPhoneに手放せない一品になってしまった。逆にコレを装着するととても安心することができるのです。

ちなみにiPad用も発売されています。しかし、iPhone6用はまだ発売されていない(2014年10月時点) iPhone6+はとても魅力だけど、大きくなり持ちにくくなったので落としやすそうだ。液晶ガラス無しではとても使えなさそうな代物ですね(苦笑)これは、iPhone6用の製品が早く発売してくれること待ちわびるファン多数なんだろうなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

Mr. S @ CLUB発起人

IT, ツール、サービス、マインドセットを徹底活用・効率化し、シンプルに生きる。そしてクールなものに囲まれスタイリッシュなライフスタイルで優越感に浸る♪

Simplish CLUB【シンプッリュクラブ】は、シンプルかつスタイリッシュなもの、ライフスタイル、マインドセットを追求していくCLUBである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る