大手キャリアか格安SIMかiPhoneの契約で迷っている方へ(SIMフリーiPhone+格安通信会社のススメ)

こんにちは!
Simplish CLUB発起人のMr. Sです。

格安携帯通信会社が出てきている中、仕組みがよくわからないので、ドコモ、ソフトバンク、AUなどの大手キャリアでiPhoneを契約後、次の買い替えでそのまま大手キャリアで継続か、格安SIMへ切り替えるかどうかで迷っている方って結構多いのではないだろうか。(かくいう自分が結構迷ってきた)

様々リサーチ・検討した結果、結論から言うと、次の切替えの際は、現在の大手キャリアの高額な通信費とSIMロックなどの仕組み(既得損益)を考慮すると大手キャリアとの契約を解除して、「SIMフリーiPhoneの入手+格安SIM」をおすすめしたい。

▼高すぎる大手キャリアの通信費と複雑な仕組み

大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクで契約すると、iPhoneの値段は割引されるものの、通信料が高額になる上、2年縛りで解約すると安くない手数料(約1万円)がとられる。これは長期契約させ高額な通信費(パケット定額料等)で稼ぐというビジネスモデルとなっているいうことだ。

さらにいうと、大手キャリアのiPhoneはSIMロック解除できないので格安SIMが使えなかったりする。ドコモは6ヶ月後から解除できたりするがいずれにしても、色々制約があるのが現状だ。なぜ余計な制限をつけるのか。格安SIMが進出してきている中、大手キャリアに嫌気がさしてきてもいる人急増中だろう。

もっとユーザー目線でわかりやすい仕組みにして欲しい。仕組み、条件が複雑で、理解・検討するだけでとても時間がかかる。利益を上げるためあえて複雑化することで、情報弱者を騙しているとしか思えないのだ。

▼これからはSIMフリーiPhoneで格安携帯会社で契約の時代!

色々検討した結果、私は契約していたソフトバンクを解約し、アップルストアでシムフリーのアイフォン6Sを購入し、格安SIM(DMM Mobile)を契約した。実際に、格安SIMに切り替えてみて普通に使う分にはほぼ問題ない状況だ。


1. アップルストアで購入したiPhoneはSIMフリー!

アップルストアのアイフォンはSIMフリーとなっている。そのため、大手キャリア経由で購入したiPhoneのように制限されていないため、どの携帯通信会社とも契約できる。


2. SIMフリーiPhoneは高値で売却できる

アップルストアで購入したiPhoneはソフトバンク等で経由したiPhoneと比べ、SIMフリーのため当然価値が高くなる。1、2年後でも比較的高く売却できる見込みが高い。


3.格安SIMサービスのレベルの向上

格安SIMのレベルが上がってきており、どのサービスを使うかにもよるが、普通に使用する分には問題なくなってきている。

私の場合はネット中心で、iPhoneだけでなくiPadもよく使うので、音声SIMとデータSIMを両方兼用できる格安SIMを探しDMM mobileを選択2台以上のデータ・音声通信したいデバイスを持つ方に特にオススメの格安SIM会社になる。個人的には、ネット検索や動画など問題なく快適だ。

ちなみにDMM mobileはドコモ回線を借りているため、通信速度も比較的快適で、10GBの通信量をiPhoneとiPadで共用で月額費用が約3,000円と2016年現在業界1の安さとなっている。(以下表:DMM Mobile高速プランの月額料金表)

dmm mobile plan

通信価格が安く、大手キャリアよりも月額かかる費用は圧倒的に落ちる。

格安SIMが嫌だという場合、アップルストアで購入し大手キャリアで契約ということも可能だが、その場合は、アイフォンの割引がないのでお勧めできない。

目先は端末費、転出料や初回契約費など経費がかかるかもしれないが、長期的に考えればアップルストアでSIMフリーのアイフォンを購入し、格安SIMでの契約がすることをおすすめする。

また常に最新の流行に触れていたいという場合は、毎年最新のiPhoneを購入し、最新機器を楽しみながら、また1年後に売却していくのがいいだろう(もちろん高値で売却できるよう、iPhoneをしっかりガードできるアクセサリ必須)

▼大手キャリアから、SIMフリーiPhone+格安通信会社への切り替え流れまとめ

SIMフリーiPhone入手から格安通信会社での契約について以下に流れをまとめる。


1) 大手キャリアの2年縛り・手元の旧iPhoneの契約切れる頃にアップルストアでお気に入りのiPhoneを入手

(参考)iPhoneのモデルを比較

・SIMフリーiPhoneの購入にアップルローン(Apple Loan)の活用もあり

アップルストアで購入すると一括支払いにつき一度の支払額が高くなり、購入をためらう方もいるかもしれないが、アップルストアでもアップルローンを使い、低金利で分割購入することができるので分割にしたい場合は下記リンク先の記事を参考にしてアップルローンを活用しよう。

 ⇒参考記事:アップルローン分割金利0%でiPad Mini4を購入してみた!
 
・ちょっとだけお得なアップル製品購入法

少しだけ割安にSIMフリーiPhoneを購入する方法もある。以下Macがメインで掲載されているが、SIMフリーiPhoneでも適用可能だ。

 ⇒参考記事:お得なMacの購入方法特集


2) 乗り換えの手続きのためMNP予約番号を取得し、MNP予約番号を記入して申し込み

MNP (モバイル・ナンバー・ポータビリティ)とは、2006年から導入された「携帯電話会社を変更しても電話番号を引き続き利用できる制度」のこと。手続きのためには、MNP予約番号の取得が必要で各携帯電話会社へ手続きが必要となる。

2-1) 更新月を確認
まずは更新月がいつか各社サイトから確認しましょう。

2-2) MNP予約番号手続き
更新月を確認し、問題なければ次に各社へMNP予約番号取得の手続きをします。

2-3) 申し込み
取得した「MNP予約番号」を記入して、希望の格安携帯会社へ申し込みましょう。
上述の通り、2016年現在では、DMM Mobileがサービス、料金面総合的に良く推奨している。

DMM Mobileは2台目以降もSIMが発行でき、他の格安SIM会社にくらべ料金が割安というのがiPad使いの私には響いた。

⇒DMM Mobileをチェックしてみる


3) SIMカードが到着次第、すぐに利用可能

大体の格安SIM会社で、申し込み後、数日で届いているようだ。(届くまでは、電話できないのでタイミングには気をつけよう)SIMカードを差し込んで、設定を終えれば使用できる。


4) 旧iPhoneを売却

使わなくなったiPhoneは売却してしまいましょう。高く売るには、ソフマップか、ヤフオク、楽天オークションなどが比較的高く売れるのでおすすめだ。


5) 購入したい次期新iPhoneが発売されたら、アップルストアでiPhoneを入手

※以後 4)、5)の繰り返し
(今後も魅力的なiPhoneが発売されるというのと、大手キャリアと格安SIMの格差が変わらないことが前提となるが)

格安SIM+SIMフリーiPhoneで、より快適なiPhoneライフを獲得していきましょう。

DMMmobile

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

Mr. S @ CLUB発起人

IT, ツール、サービス、マインドセット、健康術を徹底活用・効率化し、シンプルに生きる。そしてクールなものに囲まれスタイリッシュなライフスタイルで優越感に浸る♪

Simplish CLUB【シンプッリュクラブ】は、シンプルかつスタイリッシュなもの、ライフスタイル、マインドセットを追求していくCLUBである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る